インポテンツと糖尿病

インポテンツと糖尿病の関係

よく聞く話ですが糖尿病と診断された瞬間、誰もがインポテンツを思い浮かべるとみなさん口を揃えます。

 

それほど糖尿病 = インポテンツというのが定着してしまっているようです。
はたしてそれは本当なのでしょうか?

 

インポテンツと糖尿病の関係について少し考えてみましょう。

 

勃起といえば性的な刺激、触感だったり視野的な性的な刺激により副交感神経が刺激され勃起中枢神経に勃起を起こさせる指示が届くとペニスの海綿体に多くの血液を流し込みペニスが硬くなり勃起の減少が起こるのです。

 

しかし、糖尿病にとって起こる血管障害、自立神経の障害によってそれら勃起のメカイズムが阻害されインポテンツになると言われています。
しかし、糖尿病になると必ずインポテンツの原因を引き起こすのかと言うと僅かな確率であると言われているのです。

 

もしも糖尿病による血管障害や自律神経の障害があればもしかするとそれがインポテンツの要因と言えるのかもしれませんが全ての糖尿病患者が血管障害というわけでは無いので
糖尿病=インポテンツとは言えないでしょう。

 

それよりも勝手に思い込んでいる糖尿病=インポテンツが原因となっている場合が多いと言われています。

 

勝手な思い込みでインポテンツになってしまうと言う事です。
必要以上に超尿病とインポを結び付けてはいけないと言う事です。

 

糖尿病よりも早漏や短小などを気にしてインポになるケースの方が大変多い事をしっかり理解しましょう。

 

「自分は糖尿病だ・・・もう勃起しない・・・」と言った心因性のインポテンツの方が多いと思います。

 

糖尿病と診断されてもインポはあまり気にせず、まずは糖尿病を治してください。
でも食生活は血流の良くなるような食べ物を摂ったり精力増強剤などを飲んだりしいつでも勃起できるようケアする事はとても重要です。